仮想通貨の問題点は、人気に左右されすぎる点である

 

仮想通貨の問題点についてですが、仮想通貨を副業に考えた場合、一番ネックになる部分が仮想通貨は人気に左右されすぎる点です。というのも、一時期、仮想通貨の仕組みが全く理解されていない時期においては、一応金の生る木のような扱いを受けていましたが仕組みが分かり始めるとだんだんと詐欺ではないかという通貨の登場とともに仮想通貨のイメージがものすごく低下した事件もあります。

よって、仮想通貨の問題点は口コミに左右され、人気が低迷時には価格が暴落し、ポジティブなニュースが出れば価格が上昇するということが問題です。これを株式の投資に置き換えた場合、ポジティブなニュースというのは自分が購入しているもしくは購入を検討している株価が上がることになるのですが会社のイメージが悪化すれば、価格が低下するというのが株式投資になるんですが、仮想通貨の場合、単純に株式投資のような値上がりと値下がりにならない別の要因がある点も問題です。

つまり、仮想通貨の値上がりは、通貨自体の価値ではなく投資家が大量に所有するがゆえ価値が上がるというものがあり、価値が上がってから仮想通貨自体がプラスにならないという点が問題です。これは、株式投資の場合、投資先の価値が上がれば、投資先の会社は利益を生み出し、かつ会社の評判と新しい商品の開発資金を株式の投資から得ることが可能です。

一方で、仮想通貨は、投資したものが得られるものは、お金というもののみで仮想通貨の価値の変動によって大きく左右されますので、株式投資と比較した場合、投資先の技術も上がり、投資先も利益になるという考えになかなか結び付きません。その証拠にビットコインは、仕組み自体は完成していて投資によって価値を保っていますが、他に何か新しいことができたのかと言われると疑問符が残ります。

なので結論においては、ビットコインのように仮想通貨の価値を増減させるのは、ただの人気でしかなく、会社自体の価値が貨幣の価値を高めるというものが薄れているのです。よって、仮想通貨の投資においては、お金持ちだけが投資を行い、仮想通貨の価値を高めているにすぎないので、一般人の評判については、どうでもよい状態になっていると言ってもよく、仮想通貨の取引所の評判も似たり寄ったりになってしまっているのは、投資においてあまり魅力がなくなりつつあるがゆえ、似たような結果になっていて投資を自由に行うだけの資金もないがゆえ、仮想通貨の投資をうまく行えていないと考えてもよいのではないかというのが結論です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket